「こども達に感性と知性を豊かに持った人間として育って欲しい」

子どもは遊ぶ中で、生きていくうえで必要な知識や知恵をいつの間にか身につけていきます。身につけるということは知っていくこと、知っていくことは学んでいくこと。遊びと学びは子どもにとって少しも矛盾することなく一つのことになっています。

学齢期になると、この二つがしだいに対立してくるのは、学びが自発的なものではなくなるからです。強制され、管理され、干渉され、ランクづけをされるので、多くの子ども達が勉強嫌いにさせられていきます。

しかし、新しいことを<知りたい>という気持ちは人間の根源的な欲求として失われることはありません。これが<発見欲求>。そして、人間は知ったことは自分でやってみたいという意欲をもちます。これが<表現欲求>。この発見と表現の欲求が、人間の英知を育て、喜びの毎日を生みだす<創造力>を開発していきます。

創造力は自分でやりたいという自発性があってはじめて発揮されるものです。“やってみたい”という気持ちを起こさせるためには<形>をモチーフにします。言葉をまだ獲得していない乳児さえ<形>には関心を持ちます。それは見ることができるから、触ることができるから。五感で外界を吸収しながら発達する人間にとって、この五感すべてを駆使して発見と表現を繰り返せるものは<形ある存在>をおいて他にありません。

共育は、親もアトリエのスタッフも子と共に育つことを意味します。
人間は見たり、触れたり、聞いたりする現象界から、愛や美や真理を知ろうと成長する生命です。環境を吸収(発見)し、これに働きかけ(創造し)ながら愛や美や真理を洞察していきます。この欲求を人間は道具と言語を手に入れることによって発揮する条件をつくりました。

子どもにとっての道具は童具。アトリエでは、童具を活動の核にして、子ども達に感性と知性を豊かにもった人間として育って欲しいと願っています。知性によって必然を、感性によって調和を求める人間へ、結局、必然にのっとった調和のある<つながり>。つまり愛と同質の原理をあらゆるところに求めて生きています。それを遊びながら発見し、表現する場が『わくわく創造アトリエ』です。